薄毛等の特徴を誹謗中傷されたらどうするべき?

薄毛等の特徴を誹謗中傷されたらどうするべき?

薄毛等の容姿を誹謗中傷されるケースは多々あります。しかし、薄毛であることは仕方のないことですし、ありのままを変えることもできません。誹謗中傷された場合の対処方法について、相手方の心理も含めて検討していきます。

まずは、薄毛を誹謗中傷する相手方は、当事者よりも優位な立場に立とうとしています。対処する際は、絶対にうつむいたり動揺したりせず、堂々と立ち向かいましょう。

薄毛を指摘されたことに対し、相手方に笑いで返す余裕をもちましょう。薄毛と言われて、激昂しては相手の思い通りです。立場を利用して笑いをとれば周囲は、その精神力を称賛するでしょう。

誹謗中傷する相手は無視しましょう。何度も誹謗中傷してくるケースが考えられます。相手にしなければ、だんだんと気力を消耗し、全く何も言わなくなります。時間で解決させるのも一つの方法です。

このように、中傷されても、黙って対処しましょう。堂々と構えておくことが得策です。

身体の特徴の誹謗中傷はプライバシーの侵害になる?

身体の特徴の誹謗中傷はプライバシーの侵害になる?

プライバシーは、個人の私事や私生活、個人の秘密のことで、他人から干渉や侵害を受けない権利であると言われていますし、また、一般的な感受性を基準として公表を欲しないと認められる事柄とも言われています。

身体の特徴は、個人の私事にあたりますし、さらには、誹謗中傷は、他人のことに干渉し、侵害することになります。

そのことからも、身体の特徴を誹謗中傷することは、プライバシーの侵害になると言えますし、身体の特徴について他人が言及することも干渉にあたるのではないかと微妙なところです。

身体の特徴の誹謗中傷を、言われているご本人が望まないということも明らかなことですので、身体の誹謗中傷は、プライバシーの侵害になるでしょう。

身体の特徴の誹謗中傷は侮辱罪になる?

身体の特徴の誹謗中傷は侮辱罪になる?

頭髪についてや体型について、ふとした拍子に人の身体の特徴を口にしてしまうことはありませんか?言う方はそこまで深い意味や悪意があったわけではなかったとしても、言われた方がそれをとても気にしていたとしたら相手を大きく傷つけてしまうことになります。

相手の身体的特徴について誹謗中傷することは立派な侮辱罪に当たります。しかしこの侮辱罪が成立するためには条件があります。それは、誹謗中傷が公然と行われたかという点です。

たくさんの人がいる前で身体的特徴について非難された場合は成り立ちますが、1対1で言われた場合は成立しない可能性もあります。また、インターネット上での誹謗中傷はこの「公然と」の部分を満たしているため、十分に罪に問うことができます。