誹謗中傷削除後に再投稿される可能性はある?

誹謗中傷削除後に再投稿される可能性はある?

インターネットなどに誹謗中傷が書かれたら、気分が悪いですし日常生活に支障を来す恐れがありますから、書き込みが行われた掲示板やホームページを運営している会社に連絡して、削除してもらう必要があります。

しかしその誹謗中傷を削除してもらった後も、再び再投稿される可能性は残念ながらあります。一度、インターネット上に掲載された誹謗中傷は、サーバーで削除をしても、誰かがコピーをしてそのデータを所有していれば、いつでも再投稿が可能になってしまいます。

そのため、再投稿されてもすぐに削除してもらうために、警察などに相談して被害届を出すことが重要です。

捜査の結果、何度も悪質な誹謗中傷の書き込みが行われていることを確認できたら、犯罪として認められ、加害者を逮捕することができます。

誹謗中傷削除後に再投稿された場合どうする?

誹謗中傷削除後に再投稿された場合どうする?

自分だけで対処をするのはとても難しくなります。インターネットの特徴として、消そうとすれば増殖することが指摘できることから、それだけ相手も信念と憎悪を持って再投稿を行っていることから、なかなか誹謗中傷の根本的な対処法が見つかりにくいです。

だからこそ、自分だけで対処をせずに専門家に頼ることをおすすめします。専門的な観点から再投稿を消去し、書き込み自体を抑制する対応をとることができます。

自分ひとりだけではなかなか難しいことから、専門的な観点を持ち、法的な手段を用いて対処する必要性があります。効果的な誹謗中傷対策を行うことができますので、ひとりで悩まないで誹謗中傷の対処策を行ってくれる業者に依頼することをおすすめします。

誹謗中傷削除後に再投稿されたら相手を罪にできる?

誹謗中傷削除後に再投稿されたら相手を罪にできる?

まず前提として、客観的に見て個人・団体に対する誹謗中傷と考えられる内容が投稿された場合、投稿者を名誉毀損・侮辱罪に問える可能性はあります。

但し現実的には罪の適用が微妙なケースも多かったり、プライバシーの問題に留まると考えられるケースも多く、民事上の損害賠償といった扱いで処理するケースも多く見られます。

再投稿の場合も、基本的な考えは同様となります。但し繰り返されているという点が考慮されるので、民事扱いの場合には賠償額がより大きなものになると考えられます。

訴訟を提起するか微妙なレベルにまで誹謗中傷の度合が高かった場合には、繰り返しによって訴訟の提起・受理・原告側に有利と思われる判決が出る可能性も、高まると言えます。

少なくとも、1度目よりは罪に問える可能性は大きくなる訳です。