何故、誹謗中傷をしてはいけない?

何故、誹謗中傷をしてはいけない?

誹謗中傷される事は人間として否定されているような気がして悲しいものです。あの人は気持ち悪いから中傷しよう。調子に乗っているから誹謗中傷しよう。

そんなのは理由になりません。人間のマナーとして最低の行為です。誹謗中傷される理由も確かにあるのかもしれませんが、人間誰しも間違いは犯します。

自分は間違いを起こさないという事は絶対にありえない事なのです。ちょっとのミスも許せず、それが誹謗中傷に繋がるのであれば器の小さい人間です。人間社会のマナーとして適切ではありません。

自分がされて嫌な事は自分にも必ず返ってきます。将来誹謗中傷した人が仕返しをしてくるかもしれません。それ位される側は心に深い傷を作ります。お互い穏やかな人生を送るためにも良くない事です。

誹謗中傷をされた相手はどうなるか?

誹謗中傷をされた相手はどうなるか?

ネット上ではお互いに顔が見えず、誹謗中傷をいった人の特定が難しいだけに、簡単に人の悪口を言ってしまう傾向が否めません。

しかも、自分が悪口を言った相手がどのような気分になっているのかとか、どのような被害があるのかなどを考える人は少ないはずです。

確かに、相手にムカついたとか、本人にとっては自分も被害者だと考えているのかもしれません。しかし、直接口論をするなどとは違って、ネット上での誹謗中傷は卑怯な人間がおこなう攻撃方法です。

誹謗中傷をネット上でおこなった時点で、相手もひどい目にあっていますが、自分は卑怯な負け犬なのです。もしも、自分が誹謗中傷の被害者になったらと考えるなら、相手が死にたくなるような気分になってしまう行為は決して出来ないことでしょう。

誹謗中傷をした人間の気持ちは?

誹謗中傷をした人間の気持ちは?

誹謗中傷する人は自分が優位になっている相手の事を批判したり、自分より優れている人を見つけると批判的になり中傷します。結局自分より劣っていても優れていても誹謗中傷をします。

育った環境や性格的に批判的な人もいます。自分がルールであって自分が平均と考えますので自分のボーダーからずれていることを許しません。中傷する人の気持ちとしては無意識レベルの事なので、自分の気持ちに正直なのです。

sns等の書き込みで誹謗中傷をする人も沢山います。まるで自分の普段のストレスを発散するかのように意味なく中傷する人もいます。

どこの誰かもわからず誹謗中傷される側は目に見えない相手にもやもやします。この情報化社会においてのルールとしてはやってはいけない事です。