誹謗中傷は完全に削除できる?

誹謗中傷は完全に削除できる?

誹謗中傷の書き込みが増えてきました。悪質な行為をするユーザーが増加して来た、と単純に見る事が出来ますが、そもそも、ここ数年でネットユーザーが爆発的に急増しているため、自ずと迷惑行為をする人々も増えて、当然です。

誹謗中傷の書き込みをされた時は、削除申請をしましょう。掲示板の管理者、SNSの運営会社に相談すれば、特定の書き込みを削除してもらえます。基本的に申請した書き込みは完全に削除してもらえます。

無論、悪質性があればです。ただ単に自分の意見を批判された、自分の好きなアイドルやアイテムの辛口レビューを書き込まれた、という程度のコメントであれば、完全に削除はされません。こればかりはSNSや掲示板に認められた自由です。

誹謗中傷の削除はどこに頼めばいい?

誹謗中傷の削除はどこに頼めばいい?

もしインターネット上に誹謗中傷を書かれた場合、削除依頼をするようにしましょう。誹謗中傷がまだ少ない状況ならば、サイトの運営者への報告機能を使ってください。

また、誹謗中傷のメッセージを送ってきたユーザーを、サイトの通報機能を使って通報しましょう。また、被害が深刻な場合は警察に相談するという手もあります。

投稿している人を特定して検挙するに至るまでは、様々な困難がありますが、実際に警察に相談をしたことにより、誹謗中傷を送っていたユーザーが検挙されたというケースもあります。

そのため、どうしてもサイトの運営者に削除依頼をしても全く意味がないといった場合には、勇気を出して警察に相談することをお勧めします。

誹謗中傷削除の費用はどれくらい?

誹謗中傷削除の費用はどれくらい?

ネット上に流れた誹謗中傷の書き込みを削除する事は個人では難しいので、弁護士に通常は依頼します。

弁護士が行う誹謗中傷の削除方法は、ネット上のサイト管理者に裁判以外の方法で削除請求する方法と、裁判所に削除の仮処分を申請する方法と、裁判を起こして発信者開示請求をする方法など様々な方法があり、それぞれ費用が異なります。

裁判所を使わずにサイト運営会社へ交渉してもらう依頼費用の相場は、着手金の相場が5万円から15万円程度で、削除が成功した場合の成功報酬として着手金と同程度の5万円から15万円程度の費用がかかります。

裁判手続きを用いた場合は、仮処分と訴訟手数料が上乗せされるので、着手金が15万円~25万円程度で、成功報酬も事務処理と時間がかかるため、10万円から20万円程度の費用がかかります。