AGAに何故なるのか?

AGAに何故なるのか?

AGAになる理由と言うものは科学的に解明が進んでいます。ある種の男性ホルモンの働きが抜け毛を促進すると言うことがわかっており、その作用が通常よりも強い人ほどAGAの症状を実感すると言うことにつながっています。

この男性ホルモンの働きについては遺伝的な要因が関係しているといえます。しかしながら遺伝的な要因が全てと言うわけではありません。遺伝的な要因には個人差がありますがそれに加えて生活習慣がAGAの症状を促進することもあるのです。

そのため遺伝的要因と生活習慣の複合的な要因によって薄毛の問題が生じていると考えることができます。改善のためには飲み薬を使用すると言う方法が開発されていますので、薄毛に悩みを感じているのであればこのような治療法を検討するのが良いでしょう。

ハゲという言葉はいつから出来た?

ハゲという言葉はいつから出来た?

日常生活の中で、ハゲという言葉は浸透していますが、この言葉の由来を知っている人は少ないです。実はハゲとは、「剥げる」という動詞の名詞形「剥げ」から来ている言葉です。

「剥げる」には、物の表面の皮膜や塗りつけた物が取れて離れる、または、染め付けた色が薄くなるという2つの意味があるのですが、名詞化した「剥げ」は、「塗ったものがはげること。または、はげたあと」と言う意味で使われるようになりました。

さらにここから「剥げ」と同義の「禿」という漢字が当てられ、「頭髪が抜け落ちた状態であること。また、抜け落ちた部分」、「山などに木が無いことのたとえ」として使われるようになったのです。

ちなみに薄毛の事をハゲと呼ぶのは、1665年に刊行された「浮世物語」がきっかけとなっています。

AGAになる人とならない人、どちらが多い?

AGAになる人とならない人、どちらが多い?

AGAになる人とならない人の割合は、AGAになる人の方が多いと言えるでしょう。というのも、AGAは男性ホルモンが過剰に分泌されることによって生じるものであり、男性が成長する以上、基本的には避けることのできないリスクを抱えていることになります。

また、こうした男性ホルモンの分泌以外でも油分の多い食生活を送ることでもAGAとなるため、食生活が欧米化してきている現代においては割合的多くの人がかかると言えるでしょう。

しかしながら、悲観することはなく、その分、AGA治療薬の技術もまた進歩してきており、特にプロペシアやフィンペシアといった治療薬を服用することで劇的な回復効果も期待することもできます。

また、これらのお薬は皮膚科や育毛サロンでも比較的簡単に入手することもできます。